新着情報一覧

【ブログ】知人の訃報に触れて

居ても立ってもおられず・・・ (本稿は全く個人的なブログなので、おそらく読者の方には毒にも薬にもなりません。その意味ではスルー推奨です。)       知人の訃報に触れました。 知人と言っても、私が学生の頃に非常にお世話になった方で、わずかな期間でしたが、この方にご指導いただいた事柄はあまりにも大きく、感謝の思いは言葉に尽くせぬほど、私にとっては師と仰ぐべ
続きを読む >>

【雑談】観葉植物が新しい葉を付けました

【雑談】 府中ピース・ベル法律事務には、木が置いてあります。 相談室に飾っている観葉植物が、新しい葉をつけました。 先週にはまだまだ小さい赤ちゃんのような葉っぱでしたが、今朝出社してみると、ずいぶん立派な大きさに育っていました。新しい葉っぱなので、色がまだ淡く、葉の厚みも薄いのですが、生命力に満ちた若い薄緑色の存在感。   普段は日の当たらないところに押し込められている観葉植物
続きを読む >>

有給休暇の「義務化」を考える(使用者向け)

有給休暇、取れてますか?取らせてますか? 2019(平成31)年4月から、全ての企業において、条件を満たす従業員に対して有給休暇を取得させることが、義務となりました。 これまでも有給休暇取得は労働者の権利として規定されていましたが、今回の法改正(働き方改革)によって、有給取得が「労働者の権利」にとどまらず「使用者の義務」という位置づけになったのです。 具体的には、たとえば6か月以上勤務してい
続きを読む >>

復職支援に関する裁判例(私見紹介)

働きすぎによる「鬱」などからの体調回復で復職するというケースで、テスト出社をした場合の、その「テスト期間」の給料はどう扱うべきか?   ・・・最近送られてきた「労働判例」を読みながら、紹介されている判例の解説を読み、いろいろ思うところがありましたので、思いつくままですが記事にしてみました。   働き方改革や社会情勢の変化に伴う労働環境の変化が激しい昨今、休職からの復帰、
続きを読む >>

5月連休中の営業時間について

今年のG.Wは世間では大型連休となっておりますので、みなさんバカンスや休息をお楽しみの事かと思います。   当事務所の連休期間の営業時間のとおり予定しておりますので、よろしくお願いいたします。 4月27日(土) 通常営業(事前予約に限り午後も相談受付) 4月28日(日)~5月6日(月・祝) 休業 5月7日(月) 通常営業(10時~18時)   皆様、どうぞ良き連休
続きを読む >>

年末年始の営業時間について(ご案内)

府中ピース・ベル法律事務所です。 本年も一年間、様々な方からご相談をいただきました。皆様のご愛顧に感謝申し上げます。 さて、年末年始の営業時間のご案内ですが、今年は以下のとおりとなりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 年末年始の営業時間 12月25日(火) 10時~18時(通常営業) 12月26日(水) 10時~15時(短縮営業) 12月27日(木) 10時~13時(短縮
続きを読む >>

【お知らせ】当事務所の営業時間・受付について

法律相談ご希望の皆様へ 当事務所では、労働紛争、不動産管理、債権回収、家事問題(離婚、慰謝料、調停)等といったトラブルでお困りの方へ新規のご相談をお受けしております。 ご疎団をご希望の方は、当事務所にお電話いただくか、当HP左側のご相談バナーからお問い合わせください。 事前予約制となっておりますが、当日受付も可能ですので、お気軽にどうぞ。   受付時間について 当事務所の営業
続きを読む >>

【事務員・秘書】求人情報【募集】

府中ピース・ベル法律事務所では、法律事務所事務員・弁護士秘書として働いてくれる人材を探しています。 地域密着の事務所で、共に働いてみませんか? ・求人職種  事務員、秘書 ・仕事内容  電話応対、書面作成補助、来客対応その他弁護士業務補助 ・勤務時間等  月曜日から金曜日、朝10時から午後5時までの間で応相談(一日4時間程度から歓迎) ・雇用形態  パートタイマー(ただし、能力と
続きを読む >>

【お知らせ】お問い合わせのお客様へ【弁護士対応について】

府中ピース・ベル法律事務所です。 平素は過分なご支援を賜り、誠にありがとうございます。 さて、当事務所へのお問い合わせを頂く際には、みなさまから電話やメール(当HPお問い合わせフォーム)でのご連絡をお願いしております。 ですが、業務の多忙とスタッフの不足等の事情により、現在、一時的に弁護士との連絡がつきにくい状況が発生しております。 現在、暫定的な措置として、スタッフ不在時はコールセンター
続きを読む >>

【コラム】働き方改革に関する一言コラム

「働き方改革」というフレーズを,よく聞くようになりました。 法律改正の話なのですが,報道されているところを見ると「長時間残業が禁止」だとか,「裁量労働制の制度が変わる」とか,ちょっと難しいような内容に見えてしまい,どうしてもとっつきにくい,あるいは「自分の会社には無関係だろう」というようなイメージでとらえがちなのではないでしょうか。 ですが,今回の働き方改革は,中小企業であっても無視することの
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
ご相談は法人の方も個人の方も無料 042-319-8523 府中ピース・ベル法律事務所

新着情報

PAGE TOP