生前対策・遺産相続

「自分が死んだら、残された家族はどうなるのだろう・・・」

「子供たちに公平に財産を残すにはどうすればいいのだろうか」

「高齢のお父さんが亡くなったら、家はだれに継がせればいいんだろう…」

「遺言書の内容に不満があったのか、兄弟から調停が起こされた!」

「自分の知らないところで勝手に遺産分けの話が進んでいたが、自分の取り分が少なくて、納得できない!」

 

人が亡くなると、その方の持っていた財産をどう分けるか、遺産相続という問題が発生します。

最近は「相続」を「争族」ともじって表現することがあります。亡くなった方の財産を巡り、それまで仲の良かった家族、親族同士で争いになることがあることを表しています。

最近も、遺産相続をめぐる家族間の紛争を描いたドラマが放送され、話題になりました。

 

もちろん、健康に生きている間は、相続の問題が直接現れることはありません。

ですが、人は、必ず死亡します。どれだけ健康でも、寿命がある以上、死は避けては通れず、相続問題も必ず発生します。

寿命が尽きるまで生を全うできれば幸福ですが、あるとき急に、交通事故に巻き込まれるなど、突然の不幸に襲われることもあり得ます。

このような時、残された家族が紛争にならないように、自分の生前に財産をどう整理し、来るべき相続の時に備えておけばいいのでしょうか。

 

また、相続問題は、必ずしも残された家族が公平に財産を取得できるとは限りません。

なぜか自分の取り分がすくない、相続財産の分け方に納得できないというようなとき、どのように解決すればいいのでしょうか。

 

相続のことについて少しでも不安や悩みをお持ちの方は、このホームページの記事をご覧いただいた後、当事務所にご連絡ください。初回相談は無料で、あなたの相続の問題の原因を探り出し、解決に向けた道筋をお示しいたします!

 

相続問題は弁護士に相談を!!

弁護士は、相続に関する紛争を法律的に扱えるプロフェッショナルです。

相続の事、自らが死亡した時に備える方法を知りたい、遺言書が出てきたけど納得できない、調停を起こされた・・・

相続についてお悩みの方は、いますぐ当事務所にご相談ください。相続問題は家族間の紛争ですが、純然たる法律紛争です。

(世間には、相続に関する相談を受け付けている様々な団体がありますが、相続問題は法律問題です。法律の規定に則って、調停や裁判といった手続きでの解決を目指す必要がありますが、これら手続きを最後まで責任もってサポートできるのは弁護士だけです!)

 

相続に関するお得な法律情報は、以下の記事からどうぞ。。。

 

>> 遺言書を作成したい方

>> 遺産分割協議と遺産分割協議書

>> 遺産分割調停と審判

>> 特別受益と寄与分

>> 相続調査について


ご相談は法人の方も個人の方も無料 042-319-8523 府中ピース・ベル法律事務所

新着情報

PAGE TOP